侵害訴訟と無効の抗弁

日本工業所有権法学会【編】

[目次]

  • 1 研究報告(知的財産権の準共有(特許権を中心に)
  • 地域団体商標制度という制度選択の意義とその課題-地域ブランド保護に関する制度の方向性について)
  • 2 シンポジウム 侵害訴訟における無効の抗弁をめぐる諸問題(特許処分・特許権と特許無効の本質に関する基礎理論
  • 特許権者による抗対主張
  • 無効審判を請求することができない場合における無効の抗弁の主張の可否
  • 侵害訴訟判決確定後の審決の確定)
  • 3 質疑応答
  • 4 論説(審判手続と無効の抗弁
  • 発明に対する財産権としての発明権-特許を受ける権利、特許権の実体
  • 特許法104条の3の制定に至る背景とその運用について)
  • 5 投稿論文(国内優先権制度についての一考察)
  • 6 その他(学会記事
  • 学会規約
  • 維持会員名簿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 侵害訴訟と無効の抗弁
著作者等 日本工業所有権法学会
書名ヨミ シンガイソショウトムコウノコウベン
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.5.31
ページ数 312p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-29930-6
ISSN 03871754
NCID BB05821901
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想