グローバルな倫理

日本平和学会【編】

普遍の「正しさ」を問う。多様な価値観が渦巻くこの世界で、地球大の倫理は果たして存在するのか。「正義」とは、「悪」とは何か。平和を実現するために避けて通れないこの根源的課題を論考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻頭言 倫理的に平和を考える、とは?
  • 依頼論文(グローバルな諸問題への倫理的アプローチ-行動すべき主体とその責任
  • 「敵」と「犯罪者」-近代法的人道性の基礎についての考察
  • 現代におけるグローバルな善・悪の概念について-カント・アレント、デリダの正義
  • 現代政治思想における難民の受け入れ)
  • 投稿論文(「グローバルな責任」の死角-"国際社会の責任"と"平和維持活動要員の責任"の乖離
  • シティズンシップとグローバルな倫理-当事者概念による歓待の政治をめぐって)
  • 書評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバルな倫理
著作者等 日本平和学会
書名ヨミ グローバルナリンリ
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2011.5.30
ページ数 140p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-657-11005-3
NCID BB05790411
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想