怪談社 : 実話怪談師の恐怖譚  丙の章

伊計翼 著

人気シリーズ第3集!大阪は十三に実在する「怪談社」。そこに所属する怪談師、紗那と紙舞が「怪異を体験した本人から体験談を聞くこと」というシンプルな取材方法で、さらに「本当の話かどうかも大切なのですが…、私たちがそのお話を受け止めることができるかどうか、否か…」という独自の感性で集めた48話を収録した。怪談の語り部としての長年の活動で培った、実話怪談へのこだわりは、人間の胸底に潜む恐怖の記憶を、あの世からの冷たい炎でじわじわと炙りだす…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 怪談師(かこむ
  • だれかいる ほか)
  • 怪異(モゾ
  • ウラミ ほか)
  • 怪談社(夜濡
  • 焼願 ほか)
  • 怪を叫んだ獣(日常の世界
  • 逃げろ! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怪談社 : 実話怪談師の恐怖譚
著作者等 伊計 翼
書名ヨミ カイダンシャ : ジツワ カイダンシ ノ キョウフタン
書名別名 Kaidansha
シリーズ名 竹書房文庫 HO-110
巻冊次 丙の章
出版元 竹書房
刊行年月 2011.6
ページ数 219p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8124-4564-8
全国書誌番号
22142426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想