40年目の真実

中島修 著

1971年10月、都内日石ビル地下の郵便局で小包が爆発し、郵便局員が負傷した。また同年12月、土田国保・警視庁警務部長宅で小包が爆発。夫人が死亡、四男が負傷した。大捜査の結果、別件逮捕された容疑者たちは次々と自白し、合計18名もが起訴された。被告人は最長で10年近くも拘置され、求刑の最高は死刑だった。最終的にはほぼ全員が無罪となり、冤罪が明らかになったが、その実態は「灰色無罪」であった。戦後の歴史に残る日石・土田・ピース缶冤罪事件である。事件から40年、闇に葬られたかに見えた真相が、本書によって初めて明らかになった。本書は、隠された権力犯罪を暴き、告発するために書かれたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日石・土田爆弾事件(日石・土田事件とは何だったのか
  • 日石・土田爆弾事件への道/RG隊の発足
  • 日石・土田爆弾事件/RG隊の闘争
  • 土田以後/RG隊解散命令
  • 戦旗・共産同の「30」隊
  • 日向はなぜウラ部隊を作ったのか
  • 中核派も真相を知る)
  • 第2部 日石・土田冤罪事件(警察はなぜはずしたのか
  • 警察はなぜデッチあげたのか
  • 警察の責任
  • 検察の責任
  • 裁判所の責任
  • マスコミの責任
  • なぜ開けたのか
  • ピース缶爆弾事件)
  • 第3部 40年の時を経て(RG隊長の思い
  • ネガティブ・リアクション/ポジティブ・リアクション)
  • 第4部 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 40年目の真実
著作者等 中島 修
書名ヨミ 40ネンメ ノ シンジツ : ニッセキ ツチダ バクダン ジケン
書名別名 日石・土田爆弾事件

40nenme no shinjitsu
出版元
刊行年月 2011.5
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-904795-10-1
NCID BB06106366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想