真剣師小池重明 : "新宿の殺し屋"と呼ばれた将棋ギャンブラーの生涯

団 鬼六【著】

羽生善治をして「不思議な魅力を感じた」「どう評価していいのかわからない」と言わしめた、不世出の天才棋士・小池重明の波乱に満ちた生涯-。「小池重明の遺書」、「小池重明名勝負棋譜」収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 淋しい葬儀
  • 馬と乗り手
  • 遺言状
  • 懺悔録
  • 過去の不祥事
  • 天分の芽生え
  • 最初の真剣将棋
  • 応援団
  • 破門と退学
  • 旅立ち〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真剣師小池重明 : "新宿の殺し屋"と呼ばれた将棋ギャンブラーの生涯
著作者等 団 鬼六
書名ヨミ シンケンシコイケシゲア : シンジュクノコロシヤトヨバレタショウギギャンブラーノショウガイ
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2011.5.16
ページ数 318p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-7816-0637-8
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想