日本経済の記録 : 時代証言集

内閣府経済社会総合研究所【企画・監修】;松島 茂;竹中 治堅【編】

バブルの発生から崩壊、その後のデフレとその克服への対応。1980年代からの四半世紀日本経済の動向と経済政策について、政府・金融機関による試行錯誤の歴史を詳細にわたり記述。日本を代表する政治・経済学者、エコノミストなどが集結し貴重な反省・教訓を後世に伝える経済研究の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 バブル・デフレ期の企業経営からの教訓(岡田卓也(イオン株式会社名誉会長相談役)
  • 鈴木敏文(株式会社セブン&アイHLDGS.代表取締役会長兼CEO)
  • 矢野/博丈(株式会社大創産業代表取締役社長)
  • 森稔(森ビル株式会社代表取締役社長)
  • 川俣慶司(元株式会社フジタ代表取締役専務) ほか)
  • 第2部 バブル・デフレ期の経済政策に関する意志決定プロセス(寺村信行(元国税庁長官)
  • 中井省(元大蔵省財政金融研究所所長)
  • 西村吉正(元大蔵省銀行局長)
  • 墳崎敏之(元大蔵省財政金融研究所次長)
  • 浜田卓二郎(元衆議院議員) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済の記録 : 時代証言集
著作者等 内閣府経済社会総合研究所
松島 茂
竹中 治堅
経済社会総合研究所
書名ヨミ ニホンケイザイノキロク : ジダイショウゲンシュウオーラルヒストリー
シリーズ名 バブル デフレ期の日本経済と経済政策 3
出版元 佐伯印刷
刊行年月 2011.3.31
ページ数 640p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-903729-93-0
NCID BB05604404
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想