日本経済の記録 : 金融危機、デフレと回復過程

内閣府経済社会総合研究所【企画・監修】;小峰 隆夫【編】

バブルの発生から崩壊、その後のデフレとその克服への対応。1980年代からの四半世紀日本経済の動向と経済政策について、政府・金融機関による試行錯誤の歴史を詳細にわたり記述。日本を代表する政治・経済学者、エコノミストなどが集結し貴重な反省・教訓を後世に伝える経済研究の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4部 金融危機とデフレーション-1997〜2001年を中心に(概観
  • 日本の金融危機と金融行政
  • アジア通貨危機とその伝播
  • 景気動向と財政政策
  • デフレの発生と金融政策
  • 構造改革の展開
  • ITバブルの発生と崩壊
  • 「失われた10年」の様相)
  • 第5部 デフレ下の長期景気回復-2002〜2006年を中心に(概観
  • 景気回復の特徴と背景
  • デフレの継続と量的緩和政策
  • 不良債権処理の進展
  • 国債発行30兆円枠と歳出・歳入一体改革
  • 小泉構造改革の全体像)
  • 経済年表:1979年1月〜2007年3月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済の記録 : 金融危機、デフレと回復過程
著作者等 内閣府経済社会総合研究所
小峰 隆夫
経済社会総合研究所
書名ヨミ ニホンケイザイノキロク : キンユウキキデフレトカイフクカテイセンキュウヒャクキュウジュウナナネンニセンロクネン
シリーズ名 バブル デフレ期の日本経済と経済政策 2
出版元 佐伯印刷
刊行年月 2011.3.31
ページ数 660p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-903729-92-3
NCID BB05604084
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想