日本経済の記録 : 第2次石油危機への対応からバブル崩壊まで

内閣府経済社会総合研究所【企画・監修】;小峰 隆夫【編】

バブルの発生から崩壊、その後のデフレとその克服への対応。1980年代からの四半世紀日本経済の動向と経済政策について、政府・金融機関による試行錯誤の歴史を詳細にわたり記述。日本を代表する政治・経済学者、エコノミストなどが集結し貴重な反省・教訓を後世に伝える経済研究の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 石油危機後の経済構造調整とグローバリゼーションへの対応-1970年代〜84年を中心に(概観
  • 二度の石油危機と日本経済の動向
  • レーガノミックスによる双子の赤字と対外経済摩擦
  • 日米貿易摩擦
  • 金融自由化
  • 財政再建問題
  • 行政改革と「民活」)
  • 第2部 プラザ合意・内需拡大政策とバブル-1985〜89年を中心に(概観
  • プラザ合意後の円高の進行と円高不況
  • 国際収支不均衡と内需拡大政策
  • 景気拡大と株価・地価の高騰
  • 株価・地価の急騰と企業行動
  • 円高を背景とした企業の海外進出)
  • 第3部 バブル崩壊と不良債権対策-1990〜96年を中心に(概観
  • バブル崩壊と景気後退
  • 経済対策の発動と景気回復
  • 不良債権問題への対応
  • 構造改革への歩み
  • 超円高と産業空洞化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済の記録 : 第2次石油危機への対応からバブル崩壊まで
著作者等 内閣府経済社会総合研究所
小峰 隆夫
経済社会総合研究所
書名ヨミ ニホンケイザイノキロク : ダイニジセキユキキヘノタイオウカラバブルホウカイマデセンキュウヒャクナナジュウネンダイセンキュウヒャクキュウジュウロクネン
シリーズ名 バブル デフレ期の日本経済と経済政策 1
出版元 佐伯印刷
刊行年月 2011.3.31
ページ数 566p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-903729-91-6
NCID BB05603580
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想