戦後「裏」外交史

ニッポン外交研究会【編著】

教科書には載っていないニッポン外交裏面史。交渉人たちが挑んだ"武器なき戦争"の舞台裏。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 失われた外交権の回復-1945〜1972(キャノン機関、CIAと日本人エージェント 反共謀略工作に水面下で暗躍した日米「裏コネクション」
  • ワシントンから戦後日本を操った影の支配勢力「ジャパン・ロビー」
  • 大物右翼、暴力団、カルト教団…国交正常化交渉の水面下で跋扈した日韓アンダーグラウンドの魑魅魍魎
  • 春名幹男インタビュー 吉田茂から鳩山由紀夫まで日本政界を掌握するCIAの対日工作
  • 戦後外交のウラを歩いた「昭和の参謀」瀬島龍三)
  • 2 経済大国ニッポンの外交摩擦-1973〜1989(金大中拉致事件玉虫色の政治決着の真相-朴大統領から田中角栄へ密使が運んだ密書と4億円
  • 資源帝国アメリカとの衝突 「核の檻」に閉じ込められた田中角栄の資源外交
  • 国産機の開発断念と利権の温床となる機種選定 自衛隊機をめぐる日米航空商戦
  • 1980年代の日米衝突-プラザ合意に始まる日米通貨交渉の舞台裏
  • 宮永スパイ事件、レフチェンコ証言、中川一郎の自殺…冷戦下ニッポンで繰り広げられたソ連諜報機関によるスパイ工作)
  • 3 冷戦後の日本外交の迷走-1990〜2011(日朝交渉裏面史1 金丸"売国"訪朝団が籠絡された金日成の"サプライズ外交"
  • 毛沢東にはじまる中国共産党の天皇工作
  • 日朝交渉裏面史2 2度にわたる小泉訪朝の舞台裏 "拉致認定で100億ドル"の密約と暗躍した2大エージェント
  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件の舞台裏 浮かび上がった脆弱な日中外交)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後「裏」外交史
著作者等 ニッポン外交研究会
書名ヨミ センゴウラガイコウシ
出版元 洋泉社
刊行年月 2011.5.7
ページ数 222p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-86248-714-8
NCID BB10822448
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想