国際政治研究の先端  8

日本国際政治学会【編】

[目次]

  • プーチン以後のロシアにおける政軍関係
  • なぜモーゲンソーは「悲劇」と「悪」を強調したのか?-一つの解釈
  • 「引き留められた帝国」としての英国-コモンウェルスからの撤退政策、一九七四‐七五年
  • 旧ソ連諸国の国際関係-親ロと反ロを分かつもの
  • レジーム・セキュリティと国際制度-国際規範の国内的起源
  • 冷戦変容期における大西洋同盟、一九七二‐七四年-NATO宣言を巡る米仏の動きを中心に
  • 米州人権保障制度の発展における米州人権委員会の役割-米州人権条約採択に至る過程から
  • グローバル・ガバナンス論の社会民主主義的起源-ブラント、社会主義インターナショナルによるグローバル・ガバナンス委員会の形成(一九七六‐一九九二年)
  • ASEAN設立過程再考-原加盟国の対インドネシア不信に注目して〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際政治研究の先端
著作者等 日本国際政治学会
書名ヨミ コクサイセイジケンキュウノセンタン : 8
巻冊次 8
出版元 日本国際政治学会
有斐閣
刊行年月 2011.2.20
ページ数 170p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-29929-0
ISSN 04542215
NCID BA66869595
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想