がん哲学

樋野 興夫【著】

[目次]

  • 第1章 がん細胞の世界から人間社会を語る
  • 第2章 がん細胞の知恵に学ぶ
  • 第3章 先人の志を継承しつつ
  • 第4章 病理学の復権を
  • 第5章 立花隆氏との対話
  • 第6章 吉田富三とがん哲学-吉田富三記念館・内田宗寿館長に聞く
  • 第7章 院内相談員の活動-医療コミュニケーションの専門家・岡本左和子氏に聞く
  • 第8章 がん哲学との出会い-患者・家族の立場から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がん哲学
著作者等 樋野 興夫
書名ヨミ ガンテツガク
シリーズ名 to beシリーズ
出版元 EDITEX
刊行年月 2011.3.31
ページ数 205p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-903320-20-5
NCID BB05733768
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想