「核」とアメリカの平和

日本国際政治学会【編】

[目次]

  • 序章 「核」とアメリカの平和
  • 「アジア原子力センター」構想とその挫折-アイゼンハワー政権の対アジア外交の一断面
  • 「核による平和」に地球環境的限界はあるか-放射性降下物の安全性審議過程と安全保障国家アメリカの知的ヘゲモニーの構造と変容
  • 米国の核優位への執着と全面完全軍縮、一九五九‐一九六三年-核軍備競争における米国の役割の再考
  • 米欧同盟と核兵器拡散問題-ケネディ政権の対西独政策
  • ジョンソン政権における核シェアリング政策-NATO核問題と政策協議方式案の採用
  • 冷戦末期の日米同盟協力と核軍縮-INF削減交渉に見る「ロン・ヤス」関係の帰結点
  • 対米同盟と非核・核軍縮政策のジレンマ-オーストラリア、ニュージーランド、日本の事例から
  • 欧州MD問題、軍備管理の復活と米ロ関係-ブッシュ、オバマ政権と「冷戦後冷戦」の再緊張とデタント
  • 核不拡散政策における普遍性と個別性の相互干渉-転換点としての米印協定〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「核」とアメリカの平和
著作者等 日本国際政治学会
書名ヨミ カクトアメリカノヘイワ
シリーズ名 国際政治 163号
出版元 日本国際政治学会
有斐閣
刊行年月 2011.1.20
ページ数 185,20p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-29928-3
ISSN 04542215
NCID BB05211081
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想