信長の茶会

永田ガラ [著]

ときは戦国時代。本能寺の変が起きる、まさにその夜。本能寺のそばで、親しげに語り合う男たちがいた。なんと彼らは、織田信長と明智光秀。実はこの二人、ある茶器を求め、地獄から蘇ってきたのだ。冥府王の命令で、名器「つくもがみ」の行方を探っていく主従二人。そして彼らの前に現れる、悩める若き絵師・狩野元秀と謎の少女なべ。抗いがたい運命を背負った彼らは、それぞれの目的を胸に抱き、激動の時代を生き抜こうとする。そんな四人が行きつく先は、果たして-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信長の茶会
著作者等 永田 ガラ
書名ヨミ ノブナガ ノ チャカイ
書名別名 Nobunaga no chakai
シリーズ名 メディアワークス文庫 0075
出版元 アスキー・メディアワークス
角川グループパブリッシング
刊行年月 2011.3
ページ数 414p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-870285-0
全国書誌番号
22279325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想