MDCT・MRI・SPECT・PETをいかに使い分けるか

北川 覚也;佐久間 肇【編】

[目次]

  • 総説 MDCT・MRI・SPECT・PETをいかに使い分けるか-最新のガイドラインと今後の方向性
  • 1 冠動脈狭窄とプラークの評価(CTによる冠動脈狭窄評価能-最新のエビデンスと臨床適応
  • 冠動脈MRA-CTに対する有用性は何か? ほか)
  • 2 心機能評価(CTによる心機能・壁運動評価-最新のエビデンスと臨床適応
  • MRIによる心機能・壁運動評価-MDCTに対する有用性は? ほか)
  • 3 心筋虚血と梗塞の評価(CTによる心筋虚血と梗塞評価-最近の進歩と課題
  • MRIによる心筋虚血と梗塞評価-CTに対する有用性は何か? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 MDCT・MRI・SPECT・PETをいかに使い分けるか
著作者等 佐久間 肇
北川 覚也
書名ヨミ MDCTMRISPECTPETヲイカニツカイワケルカ
シリーズ名 心CT 8
出版元 文光堂
刊行年月 2011.3.3
ページ数 108p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-8306-1957-1
NCID BB05198380
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想