人間の美的教育について

シラー フリードリヒ・フォン【著】<Schiller Friedlich von>;小栗 孝則【訳】

カントが芸術の国を、人間の意志を自然の法則に従わしめる現象世界と人間の自由意思が支配する道徳的世界とを連絡する関節として設定したように、著書は美的文化の橋を設置して、これを渡ることによって自然国家から自由国家へ到達しようと考えてみた。彼のこの「自由国家」は、人々が至福な安楽のうちにあって道徳的健康を保持することができ、各人がその人格の自由な姿を展開できる社会でなければならなかった。…本書は、そうした彼の哲学思想の集大成と清算を意味すると同時に、またカント哲学の帰結と決裁を意味するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私は美の問題をひとりの人の前に提出するわけです
  • 私は別な世紀の中で生きていたいとは思いませんし、他の世紀のために働きたくもありません
  • 大切な点は、まわっている歯車をその回転中に取り替えることです
  • 人間は自分自身と二重の方法で対立しています。
  • 人間退廃の二つの極端が、二ついっしょに一つの時期に集合しています
  • 文化自体が新しい人間に傷を負わせるものを持っていたのです
  • 時代の性格はまず第一にその深刻な品位喪失から立ち上がらねばなりません
  • 賢くあるために、大胆であれ
  • 君の世紀とともに生き給え、しかしその産物であってはならない
  • いっさいは、美によって引き戻されねばなりません〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間の美的教育について
著作者等 Schiller, Friedrich
小栗 孝則
Schiller Friedlich von
シラー フリードリヒ・フォン
書名ヨミ ニンゲンノビテキキョウイクニツイテ
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2011.2.15
版表示 新装版
ページ数 187p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-588-09934-2
NCID BB04959492
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想