炭酸泉は未来を描く : 「癒し」+「効能」の決定版が秘める医療・介護・健康分野でのパラダイムシフト

浦川豊彦 著

全身入浴の習慣をもつ唯一の国だからこそ可能である日常的な炭酸泉温浴の活用・習慣化を提案。炭酸泉の可能性が見えてきた-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 温熱療法、自律神経免疫学、炭酸泉との出会い
  • 第2章 炭酸泉の医学的価値と性質
  • 第3章 九州の天然炭酸泉
  • 第4章 超高齢社会と炭酸泉
  • 第5章 炭酸泉を「正しく」加温せよ
  • 第6章 炭酸泉の近未来活用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 炭酸泉は未来を描く : 「癒し」+「効能」の決定版が秘める医療・介護・健康分野でのパラダイムシフト
著作者等 浦川 豊彦
書名ヨミ タンサンセン ワ ミライ オ エガク : イヤシ + コウノウ ノ ケッテイバン ガ ヒメル イリョウ カイゴ ケンコウ ブンヤ デノ パラダイム シフト
書名別名 Tansansen wa mirai o egaku
出版元 くまざさ出版社
刊行年月 2011.1
ページ数 159p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-938546-31-1
NCID BB0497086X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想