赤間関街道 中道筋 : 長州維新の道 : 攘夷戦争と長州藩の足跡  上巻

図書出版のぶ工房編集

高杉、奇兵隊、諸隊の戦いの足跡、赤間関街道中道筋を辿る。破壊力の違いから得たこと。攘夷戦争、馬関戦争と二度の敗戦の結果、破約攘夷の困難を知る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0 長州藩の幕末維新
  • 1 長州攘夷戦争
  • 2 高杉晋作による奇兵隊結成と文久年間の情勢
  • 3 ふるさとに帰ってきた資料から見る木戸孝允
  • 4 伊能図で辿る赤間関街道中道筋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤間関街道 中道筋 : 長州維新の道 : 攘夷戦争と長州藩の足跡
著作者等 図書出版のぶ工房
書名ヨミ アカマガセキカイドウナカミチスジ : チョウシュウイシンノミチ : ジョウイセンソウトチョウシュウハンノソクセキ : ジョウカン
シリーズ名 九州長州文化図録撰書
巻冊次 上巻
出版元 図書出版のぶ工房
刊行年月 2010.11.15
ページ数 127p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 978-4-901346-08-5
NCID BB05196476
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想