僕と妻の1778の物語

半澤 律子【脚本】;百瀬 しのぶ【ノベライズ】

朔太郎はSF作家。高校時代の同級生で、朔太郎のよき理解者である妻の節子と、ささやかながらも幸せな毎日を送っていた。そんなある日、節子が病魔に冒され、余命1年の宣告を受ける-。1日1話、節子のためだけに小説を書く。それが朔太郎の祈りであり、2人の生きる希望だった。いつまでも小説を書き続けたい。いつまでも読んでいたい…。夫婦とは、命とは、愛するとは。眉村卓氏の実話を元にした愛と奇跡と感動の映画、完全小説化。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 僕と妻の1778の物語
著作者等 百瀬 しのぶ
半沢 律子
半澤 律子
書名ヨミ ボクトツマノセンナナヒャクナナジュウハチノモノガタリ
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川グループパブリッシング
角川書店
刊行年月 2010.12.25
ページ数 209p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-04-394405-7
NCID BB04441869
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想