文明と哲学  第3号

[目次]

  • 対談 鷲田清一×谷徹(聞き手) シビライゼーションと哲学
  • 論考1(自己の「実像」と「虚像」
  • テクネーとヌース-西田哲学の正視座と逆視座 ほか)
  • 主催講演・賛助会員年次総会(サステイナビリティが意味するもの-西田哲学の視点より)
  • 主催講演・公開シンポジウム(ロゴスと生命-新約聖書を手がかりとして
  • 神道の生死観-いのち、来るときと去るとき)
  • 論考2(黙示録としてのコンピュータ芸術/技術
  • 南方熊楠と現世肯定-新出の土宜法龍宛書簡にみられる「物」と「心」 ほか)
  • 文献紹介(ゲオルク・シュテンガー『間文化性の哲学』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明と哲学
書名ヨミ ブンメイトテツガク : 3
シリーズ名 日独文化研究所年報 2010年
巻冊次 第3号
出版元 日独文化研究所
燈影舎
刊行年月 2010.12.20
ページ数 179p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-86094-027-0
NCID BA89318182
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想