真夏の死 : 自選短編集

三島 由紀夫【著】

著者自選による第二短編集。伊豆今井浜で実際に起った水死事故を下敷きに、苛酷な宿命とそれを克服した後にやってくる虚しさの意味を作品化した『真夏の死』をはじめ、文壇へのデビュー作ともいうべき『煙草』、レスビアニズム小説の先駆的な作品『春子』、戦後の少年少女の風俗に取材した作品等、短編小説の方法論と技術的実験に充ちた11編を、著者自身の解説を付して収める。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真夏の死 : 自選短編集
著作者等 三島 由紀夫
書名ヨミ マナツノシ : ジセンタンペンシュウ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2010.11.20
版表示 改版
ページ数 349p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-10-105018-8
NCID BA50684397
BB0505887X
BN04890776
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想