造花の蜜  上

連城 三紀彦【著】

歯科医の夫と離婚をし、実家に戻った香奈子は、その日息子の圭太を連れ、スーパーに出かけた。偶然再会した知人との話に気をとられ、圭太の姿を見失った香奈子は、咄嗟に"誘拐"の二文字を連想する。息子は無事に発見され安堵したのも束の間、後に息子から本当に誘拐されそうになった事実を聞かされる。-なんと犯人は「お父さん」を名乗ったというのだ。そして、平穏な日々が続いたひと月後、前代未聞の誘拐事件の幕が開く。各紙誌で絶賛を浴びたミステリの最高傑作がついに文庫化。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 造花の蜜
著作者等 連城 三紀彦
書名ヨミ ゾウカノミツ : ジョウ
シリーズ名 ハルキ文庫
巻冊次
出版元 角川春樹事務所
刊行年月 2010.11.18
ページ数 284p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-7584-3514-7
NCID BB07568775
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想