遠い汽笛

岳井敬 著

太平洋戦争からわずか10年。昭和30年前後、農村の小学生は何を感じ、どう生きていたのだろうか。あの頃の農村社会、そして人々の暮らしの中で、小学生の、学校生活や地域生活はどうだったのか。明るく天真爛漫な少年にも、やりきれない悲しみもある。童話のような清冽な物語、で終わりはしない『北火事』『遠い汽笛』。またふるさとに残る「昔この辺は海だった」。この越の海説は…。歴史か、それとも神話か伝説か。いま疑問を解く『十郎杉』。よみがえる昭和、ふるさと三部作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遠い汽笛
著作者等 岳井 敬
書名ヨミ トオイ キテキ
出版元 文芸書房
刊行年月 2010.11
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89477-357-8
NCID BB05609408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22641991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想