「核なき世界」に向けて

日本平和学会【編】

[目次]

  • 巻頭言 「核なき世界」を現実的な目的とするために
  • 依頼論文(北東アジアの非核化と日本-「核の傘」依存再考のための予備的考察
  • 原爆被爆被害の概要、そして原爆被爆者の思い ほか)
  • 投稿論文(NPTの不平等性と「非核兵器国に対する安全の保証」の論理
  • 東ティモールにおけるコミュニティ和解プロセス(CRP)の制度形成過程-規範のローカライゼーションとエージェントの役割 ほか)
  • 書評(スレブレニツァ・ジェノサイドとジェノサイド研究-長有紀枝『スレブレニツァ-あるジェノサイドをめぐる考察』東信堂、2009年
  • 核兵器のない世界を目指して-吉田文彦『核のアメリカ-トルーマンからオバマまで』岩崎書店、2009年 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「核なき世界」に向けて
著作者等 日本平和学会
書名ヨミ カクナキセカイニムケテ
シリーズ名 平和研究 第35号
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2010.10.31
ページ数 211p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-657-10219-5
NCID BB03900392
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想