半導体デバイスの物理

岸野 正剛【著】

現在の私達の生活は半導体デバイスを抜きにしては考えられない。本書は現在もっとも多く使われているMOSデバイスに重点を置き、半導体表面や界面の電荷の問題を詳述。また、デバイスの物理について量子論的な説明を加えた点に特色がある。記述は出来るだけ平易にし、図表を可能な限り多く使用し、丁寧に読んでいただければ独習でも理解できるように書かれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 半導体中のキャリアの運動
  • エネルギーバンドと有効質量
  • 真性半導体と不純物半導体
  • キャリアの注入とその振舞い
  • 表面、界面と電子準位
  • p‐n接合とその特性
  • M‐S接合とその特性
  • MOS構造とMOS電界効果
  • MOSダイオードの諸特性と酸化膜および界面の電荷
  • MOSトランジスタとMOSインバータ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 半導体デバイスの物理
著作者等 岸野 正剛
書名ヨミ ハンドウタイデバイスノブツリ
出版元 丸善
刊行年月 2010.9.20
ページ数 231p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-621-08264-5
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想