批判的"知"の復権

唯物論研究協会【編】

新自由主義的な大学改革の進行と混乱。他方での学力低下と「教養」の衰退。複雑化し氾濫する情報のなかで、個々に分断される知的営み。その現在を見据え、真に獲得すべき知のありようと、人知の可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 批判的"知"の復権(批判的"知"の復権-特集にあたって
  • 座談会 批判的"知"の復権と課題 ほか)
  • 思想のフロンティア(現代進化論の哲学的境位-細胞内共生進化説を中心に
  • 今日における福祉思想の課題を考える)
  • レヴュー・エッセイ(一九六八年のアクチュアリティ-不在の"言葉"を求めて
  • 「小国主義」について)
  • 研究論文(新学習指導要領における「持続可能」概念についての研究
  • 防衛戦争は是認されうるか-ホッブズとカントをめぐって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 批判的"知"の復権
著作者等 唯物論研究協会
書名ヨミ ヒハンテキチノフッケン
シリーズ名 唯物論研究年誌 第15号
出版元 大月書店
刊行年月 2010.10.8
ページ数 372p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-272-43905-8
NCID BB03664744
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想