独禁法執行のための行政手続と司法審査 : 公取委の審判制度廃止論との関連において

日本経済法学会【編】

[目次]

  • 総論 独禁法執行のための行政手続と司法審査-公取委の審判制度廃止論との関連において
  • 公正取引委員会と審判制度
  • 公正取引委員会の審判制度の意義とその廃止の帰結
  • 独禁法の執行と司法審査の役割
  • Quasi‐judicialとは何か-準司法的手続・審判・準司法的機関の意義の再構築
  • 独禁法の公的執行の手続-アメリカ法から見た一考察
  • 公益事業における競争法の適用-英国の電力・ガス事業分野からの示唆
  • 近時の米国における大型通信合併について
  • 超過価格設定に対する優越的地位の濫用規制の適用
  • 「不公正な取引方法規制の再検討」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 独禁法執行のための行政手続と司法審査 : 公取委の審判制度廃止論との関連において
著作者等 日本経済法学会
書名ヨミ ドッキンホウシッコウノタメノギョウセイテツズキトシホウシンサ : コウトリイノシンパンセイドハイシロントノカンレンニオイテ
シリーズ名 日本経済法学会年報 第31号
出版元 有斐閣
刊行年月 2010.9.25
ページ数 160p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-14420-0
ISSN 13444263
NCID BB03358260
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想