想像力・共感

哲学会【編】

[目次]

  • `sympathy'は「公共性」を導けるか-効用・共感・科学
  • 情念の生成発展における共感の役割-ヒューム『人間本性論』第二巻において
  • "負"の共感について-おぞましさの反美学へ
  • 想像力と共感-可能的なものの実在について
  • デッサンの認識論に向けて
  • 像想と本質
  • 哲学会公募論文(「自由は経験的に示すことが可能である」
  • 「方法の精神」としての唯物論-ホッブズにおける哲学と学知(scientia))
  • 研究論文(ウィトゲンシュタインの哲学的方法
  • マルブランシュの感覚・知覚論-判断済みの感覚あるいは自然的判断理論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 想像力・共感
著作者等 朝倉 友海
哲学会
書名ヨミ ソウゾウリョクキョウカン
シリーズ名 哲学雑誌 第125巻 第797号
出版元 有斐閣
刊行年月 2010.9.10
ページ数 224p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-17373-6
ISSN 03873366
NCID BB03272937
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想