特集"社会的なもの"の概念再考 : 社会思想史研究 : 社会思想史学会年報  No.34(2010)

社会思想史学会【編】

[目次]

  • 論文("政治的なもの"と"社会的なもの"-その対抗と重なり
  • 新たな自然の地平に寄せて-H.アーレントの「社会」概念・再考
  • 非市場型社会の構想-K.ポラニーの二つの「戦後」 ほか)
  • 公募論文(アリストテレスの政治哲学における応報的平等の意義
  • 越境的空間へ拡がる「福祉」-レオナード・ホブハウスにおける連関的な社会秩序の構想
  • 大正デモクラシー下の心理改造-一九一〇年代における木村久一の軌跡と思想 ほか)
  • 書評(『マキアヴェッリとルネサンス国家-言説・祝祭・権力』(石黒盛久著)
  • 『野蛮から秩序へ-インディアス問題とサラマンカ学派』(松森奈津子著)
  • 『アダム・スミス論集-国際的研究状況のなかで』(水田洋著) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集"社会的なもの"の概念再考 : 社会思想史研究 : 社会思想史学会年報
著作者等 社会思想史学会
書名ヨミ トクシュウシャカイテキナモノノガイネンサイコウ : シャカイシソウシケンキュウ : シャカイシソウシガッカイネンポウ : 2010
巻冊次 No.34(2010)
出版元 藤原書店
刊行年月 2010.9.30
ページ数 314p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-89434-761-8
ISSN 03864510
NCID BB03309913
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想