認知リハビリテーション  2010

認知リハビリテーション研究会【編】

[目次]

  • 特別寄稿 BMIが拓くリハビリテーションの新たな可能性
  • 原著(高次脳機能障害症例に対するグループ訓練
  • 脳炎後に重度健忘を呈した症例の回復過程-とくに病識欠如と自発性低下の改善について)
  • 第19回認知リハビリテーション研究会プログラム
  • プロシーディング(社会的行動障害を有する患者に対するアイオワ・ギャンブリング課題の実施について
  • リハビリ医療における認知機能スクリーニングについて-時計描画検査(CDT)を中心に
  • 失語の言語能力の改善について-その2-Z得点化したSLTAの実用とその限界
  • 左半側空間無視患者に対する全般性注意訓練の有用性についての検討
  • 両手の失書を中心に脳梁離断症候群を呈した脳梗塞の1例-両手失書の発現機序に関する考察
  • 頭部外傷後、解離性健忘と失声を呈し、失声のみが回復した1例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知リハビリテーション
著作者等 認知リハビリテーション研究会
書名ヨミ ニンチリハビリテーション : 2010
巻冊次 2010
出版元 新興医学出版社
刊行年月 2010.9.16
ページ数 82p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-88002-711-1
NCID BA49961026
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想