不整脈疾患とMDCT

船橋 伸禎【編】;小室 一成;栗林 幸夫【監修】

[目次]

  • 1 アブレーションとMDCT(アブレーションにMDCTをいかに活かすか
  • 3D心電マッピングとMDCTのfusion画像作成の実際
  • 心房細動アブレーションの際のMDCTを用いた横隔神経の検出 ほか)
  • 2 MDCTを用いた不整脈のupstream診断-不整脈の背景となる器質的心疾患とMDCT(完全房室ブロックとMDCT
  • 心室性不整脈とMDCT
  • 心房リモデリングとMDCT ほか)
  • 3 心臓再同期療法とMDCT
  • 4 各メーカーによる不整脈症例の撮影と再構成の工夫(東芝メディカルシステムズ
  • GE Healthcare
  • PHILIPS ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不整脈疾患とMDCT
著作者等 船橋 伸禎
栗林 幸夫
小室 一成
書名ヨミ フセイミャクシッカントMDCT
シリーズ名 心CT 6
出版元 文光堂
刊行年月 2010.8.30
ページ数 152p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-8306-1955-7
NCID BB03428934
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想