「運命」はなぜハ短調で扉を叩くのか? : 調性で読み解くクラシック

吉松 隆【著】

ベートーヴェンが交響曲第5番「運命」に、ハ短調を選んだその理由は。-現役交響曲作曲家が解き明かす、ありそうでなかった「調性」本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 〓(シャープ)〓(フラット)が持つ魅惑の「調性」ワールドへようこそ
  • 1 調性とは何か?-メロディからハーモニーへ
  • 2 楽器からみた調性-得意な調と苦手な調
  • 3 科学的にみた調性-自然倍音から音階、平均律へ
  • 4 調性の歴史-聖歌から機能和声へ
  • 5 調性に関するエトセトラ-東洋の調性から天体の音楽まで
  • 6 それぞれの調性の特徴と名曲-長調、短調から微分音階まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「運命」はなぜハ短調で扉を叩くのか? : 調性で読み解くクラシック
著作者等 吉松 隆
書名ヨミ ウンメイハナゼハタンチョウデトビラヲタタクノカ : チョウセイデヨミトククラシック
出版元 ヤマハミュージックメディア
刊行年月 2010.9.20
ページ数 144p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-636-85188-5
NCID BB0351693X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想