心を生かす祈り : 二十の詩篇の私訳交読文と解説

高橋 秀典【著】

魂の「うめき」が祈りの「ことば」になる。詩篇に秘められた祈りの極意を説き明かしながら、神との親しい交わりへと導く信仰書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 世界と私を美しく創造してくださった神への賛歌
  • 第2部 深い孤独感の中での祈り
  • 第3部 罪責感、悲惨さ、絶望感などを、ただ訴えたいときの祈り
  • 第4部 心が騒ぐばかりで、主の前に静まることができないときの祈り
  • 第5部 幸いな人生へと歩みだすために
  • ドイツ・コラールの翻訳-付録 現代のオリジナル二曲(楽譜つき)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心を生かす祈り : 二十の詩篇の私訳交読文と解説
著作者等 高橋 秀典
書名ヨミ ココロヲイカスイノリ : ニジュウノシヘンノシヤクコウドクブントカイセツ
出版元 いのちのことば社
刊行年月 2010.9.20
ページ数 367p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-264-02888-8
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想