障がいのある人のためのきずなノート : 親から子へのラブレター

石渡 和実【監修】;神戸あゆみの会【編著】

障がいがある子どもと暮らす親にとって、"親亡きあと"のことは最大の心配事。地域のなかで自分らしく、そして安心して生きていってほしい-。そのための適切な支援が受けられるように「本人の思い」や「親の願い」を確実に伝えましょう。子どものために家族が遺す、ほんとうに大切なエンディングノート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 いままでの生活ノート(本人の自己紹介
  • 大切な家族・親戚
  • マイ・プロフィール
  • いろいろな思い出 ほか)
  • 第2部 これからのこと-本人の思い、親や家族の願い(福祉サービスと住まいに関する希望
  • 医療に関する希望
  • 介護保険サービスに関する希望
  • 後見人に関する希望 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 障がいのある人のためのきずなノート : 親から子へのラブレター
著作者等 石渡 和実
ファーマ・ケア研究所
神戸あゆみの会
書名ヨミ ショウガイノアルヒトノタメノキズナノート : オヤカラコヘノラブレター
出版元 神戸新聞出版センター
神戸新聞総合出版センター
刊行年月 2010.8.10
ページ数 102p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-343-00582-3
NCID BB04757239
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想