神・死・時間

レヴィナス エマニュエル【著】<L'evinas Emmanuel>;合田 正人【訳】

ソルボンヌで二つの講義の、「死と時間」、「神と存在-神-学」)を復元、ヘーゲル、ハイデガーを綿密に読解し、ベルクソン、ブロッホらに新たな論考を加える講義録。カント、ヘーゲル、ベルクソン、ハイデガー、ブロッセ、セルバンテス、デカルトらのテクスト解読を通じての、思考発酵のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 死と時間(最初の問いかけ
  • 私たちは死について何を知っているか
  • 他者の死と私の死
  • 避けることのできない道-ハイデガー
  • 現存在の分析論
  • 現存在と死
  • 死と現存在の全体性
  • 時間の起源としての死に臨む存在
  • 死、不安、恐れ
  • 死を起点として思考された時間
  • ハイデガーのこちら側-ベルクソン
  • 根底的な問い-ハイデガーに対するカント
  • カント読解
  • いかにして虚無を思考するか
  • ヘーゲルの回答-『大論理学』
  • 『大論理学』読解
  • 『大論理学』から『精神現象学』へ
  • 『精神現象学』読解
  • 死という擾乱-ヘーゲルからフィンクへ
  • 死についての別様の思考-ブロッホを起点として
  • ブロッホ読解
  • 時間を起点として死を思考すること
  • 結論として-さらに問いかけること)
  • 神と存在‐神‐学(ハイデガーから始める
  • 存在と意味
  • 存在と世界
  • 倫理を起点として神を思考すること
  • "同"と"他"
  • 主体-客体の相関関係
  • 主体性の問題
  • カントと超越的理想
  • "語ること"としての意味
  • 倫理的主体性
  • 超越-偶像崇拝と世俗化
  • ドン・キホーテ、呪縛と飢え
  • 無-起源性としての主体性
  • 自由と責任
  • 存在論からの出口としての倫理的関係
  • 責任の常軌-逸脱
  • "語ること"の真摯さ
  • "無限者"の栄光と証し
  • 意識から予言へ
  • 不眠を称えて
  • 経験の外へ-デカルト的な無限者の観念
  • 「不在と化すほどに超越的な」神)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神・死・時間
著作者等 Lévinas, Emmanuel
Rolland, Jacques
合田 正人
L'evinas Emmanuel
レヴィナス エマニュエル
書名ヨミ カミシジカン
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2010.7.15
版表示 新装版
ページ数 350,3p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-588-09922-9
NCID BB02673193
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想