特集・コミュニタリアニズムの再検討 : 社会学史研究 : 個人化に抗する社会学  第32号

日本社会学史学会【編】

[目次]

  • 特集・コミュニタリアニズムの再検討-個人化に抗する社会学(リベラル=コミュニタリアン論争を超えて
  • トクヴィルにおける二つのアソシアシオン
  • コミュニティ再考-パットナムの社会関係資本を素材として)
  • ハーバーマスにおける市民的公共圏と宗教-「啓蒙の弁証法」から「世俗化の弁証法」へ
  • Z.バウマンの社会秩序観-「よそ者」と「社会的距離」の視点から
  • アルヴァックス集合的記憶論再考-想起・忘却・保存
  • 清水幾多郎のプラグマティズムの二面性-昭和研究会をめぐる動向から
  • 特別寄稿 新明正道編著『社会学辞典』の復刻版(二〇〇九年)を読む-六十五年後における復刻版出版の意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集・コミュニタリアニズムの再検討 : 社会学史研究 : 個人化に抗する社会学
著作者等 日本社会学史学会
書名ヨミ トクシュウコミュニタリアニズムノサイケントウ : シャカイガクシケンキュウ : コジンカニコウスルシャカイガク : 32
巻冊次 第32号
出版元 いなほ書房
星雲社
刊行年月 2010.6.25
ページ数 118p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-434-14688-6
ISSN 02886405
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想