仲裁とADR  第5号

仲裁ADR法学会【編】

[目次]

  • 論説(司法制度改革審議会における審議過程からみたADR法の状況
  • ADR検討会の議論からみたADR法の状況-認証制度を中心として
  • 法務省からみたADR法の状況
  • 弁護士からみたADR法の状況)
  • 座談会(ADR法施行3年を経て-認証制度の現状と課題)
  • アンケート調査(認証ADR事業者に対するアンケート結果の概要
  • 認証ADR機関アンケート結果)
  • 文献紹介(Timothy D. Sisk,International Mediation in Civil Wars: Bargaining with bulelltes(Routledge,2009))
  • 個別報告(「ADRと救済」に関する基礎的考察-民事紛争解決過程の統合と充実を目指して
  • 心理学的な視点から見た調停技法の意義)
  • シンポジウム(ミディエータの養成における課題
  • ミディエータ資格の付与-市民の保護か、市民に対する共謀か?
  • 完成されたミディエータの養成-調停の教育、トレーニング及び許可に関するオーストラリアの展望)
  • 投稿(調停人の資質と民間調停支援についての異論-専門性と素人性をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仲裁とADR
著作者等 仲裁ADR法学会
書名ヨミ チュウサイトADR : 5
巻冊次 第5号
出版元 商事法務
刊行年月 2010.5.31
ページ数 167p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7857-1780-3
NCID BA79190082
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想