スピノザーナ : スピノザ協会年報  第10号(2009/2010)

[目次]

  • 巻頭言 ガリレオの『新科学対話』とスピノザ
  • 訃報 柴田寿子会員
  • 論文("自己原因"論争の「目撃者」としてのスピノザ
  • 存在しないものの存在論-スピノザにおける精神の永遠性をめぐる一つの論点
  • 自由意志と目的論の帰趨-ストア派とスピノザ)
  • 書評 柴田寿子著『リベラル・デモクラシーと神権政治-スピノザからレオ・シュトラウスまで』
  • 協会事務局より

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スピノザーナ : スピノザ協会年報
著作者等 スピノザ協会
書名ヨミ スピノザーナ : スピノザキョウカイネンポウ : 2010
巻冊次 第10号(2009/2010)
出版元 スピノザ協会
学樹書院
刊行年月 2010.4.30
ページ数 95p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-906502-99-8
NCID BA67075564
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想