孤独なシーク

セラーズ アレキサンドラ【作】<Sellers Alexandra>;那珂 ゆかり【訳】

家庭教師の職を得たジェーナは、中央バラカット公国の君主、プリンス・オマールの幼い娘たちに英語を教えることになった。オマールは妻を亡くして以来、二度と結婚はしないと宣言し、なぜか自らの兄弟とさえも縁を断ったという孤独で頑なな人物だ。前任教師がだれも長続きしなかったのは、そのためなのかしら?はたして不安は的中した。教育方針の違いで意見が対立し、オマールのあまりに尊大な考えに反発して、彼女は辞意を伝える。すると彼は平然としたまま、だが危険なほど瞳を光らせて言った。辞めさせたりはしない、1年間の契約を結んだのだから、と。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孤独なシーク
著作者等 Sellers Alexandra
那珂 ゆかり
セラーズ アレキサンドラ
書名ヨミ コドクナシーク
シリーズ名 ハーレクイン文庫
出版元 ハーレクイン
刊行年月 2010.6.1
ページ数 217p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-596-93307-2
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想