法制史研究  59

林 信夫【編】

[目次]

  • 論説(三国魏文帝の法制改革と妖言罪の弾圧-古代中国法の一分岐点)
  • 叢説(日本古代神祇祭祀法における「法意識」についての基礎的考察-大宝神祇令から延喜神祇式へ
  • 明治初期における「司法」の形成に関する一考察-江藤新平の司法台構想とその典拠にみる議論の諸契機
  • 近代日本の公益事業規制 市町村ガス報償契約の法史学的考察 ほか)
  • 学界動向(EU拡大とヨーロッパ都市法研究-ザクセン・マクデブルク法研究を例として)
  • 書評
  • 会報・追悼の辞
  • 平成20年度法制史文献目録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法制史研究
著作者等 法制史学会
林 信夫
書名ヨミ ホウセイシケンキュウ : 59
巻冊次 59
出版元 成文堂
法制史学会
刊行年月 2010.3.30
ページ数 448,101p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7923-9193-5
NCID BN08125854
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想