特集 質的心理学における時間性・歴史性を問う : 質的心理学研究  2010/No.9

日本質的心理学会『質的心理学研究』編集委員会【編】

[目次]

  • 特集 質的心理学における時間性・歴史性を問う(体験を語り始める
  • 子どもたちはつらい未来をどう引き受けるのか-小児医療における「頑張れ」という言葉の意味
  • 時間の流れは不可逆的か?-ビジュアル・ナラティヴ「人生のイメージ地図」にみる、前進する、循環する、居るイメージ)
  • 一般論文(生の質に迫るとは-死に逝く者との対話を通して
  • 人生の意味の心理学モデルの構成-人生観への統合的アプローチにむけて
  • 幼児期における発話産出に寄与する身振りの役割
  • 語りの「聴き方」からみた聴き手の関与
  • 教室空間における文化的実践の創成-アンサンブルの授業における教師と子どもの音楽の生成
  • Literacy,Literature and Mind(英文))
  • BOOK REVIEW(発達心理・教育心理領域から
  • 臨床心理領域から
  • 看護領域から
  • 社会心理領域から
  • 福祉領域から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 質的心理学における時間性・歴史性を問う : 質的心理学研究
著作者等 佐藤 達哉
南 博文
山田 洋子
無藤 隆
麻生 武
日本質的心理学会「質的心理学研究」編集委員会
日本質的心理学会『質的心理学研究』編集委員会
書名ヨミ トクシュウシツテキシンリガクニオケルジカンセイレキシセイヲトウ : シツテキシンリガクケンキュウ : 9
巻冊次 2010/No.9
出版元 新曜社
日本質的心理学会
刊行年月 2010.3.20
ページ数 216p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7885-1189-7
NCID BA56853384
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想