遊廓社会 : 年報 都市史研究  17

都市史研究会【編】

[目次]

  • シンポジウムの開催について
  • 問題提起-近世〜近代「遊廓社会」研究の課題
  • 近世・近代移行期における甲府の遊所-宿場から遊廓へ
  • 北陸・港町遊所の形成-加賀藩金石町相生町新地を事例に
  • 八戸湊の飯盛女-船小宿・出稼ぎ・祭礼
  • 幕末維新期における横須賀大瀧遊廓
  • 温泉場の「三業」空間-昭和初期熱海における料理屋・待合・置屋
  • 近代飯田遊廓における娼妓の生活
  • 失われた飯田遊郭の建築
  • シンポジウム討論の記録〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遊廓社会 : 年報 都市史研究
著作者等 都市史研究会
書名ヨミ ユウカクシャカイ : ネンポウトシシケンキュウ : 17
巻冊次 17
出版元 山川出版社
刊行年月 2010.2.25
ページ数 161,6p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-634-52745-4
NCID BB01449387
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想