生物多様性COP10へ : 森林環境  2010

森林環境研究会【編著】

[目次]

  • 1 特集1:愛知・名古屋COP10へ向けて(COP10の論点と愛知・名古屋以降の課題
  • COP10への期待 国際NGOの視点
  • COP10とSATOYAMAイニシアティブ
  • 企業の生物多様性戦略
  • 生物多様性の保全と再生-愛知県の取り組み)
  • 2 特集2:生物多様性保全の現場から(里の自然再生 「久保川イーハトーブ世界」の取り組み
  • 協働による自然林の順応的再生活動
  • 都市の生物多様性をデザインする
  • 猪名川上流域の里山林「台場クヌギ」林の特性
  • 人工林管理と生物多様性
  • 森林経営のリスク対策と生物多様性のバランス
  • 人工林で生物多様性をどう考えるか
  • エコツーリズムは生物多様性に貢献できるか)
  • 3 トレンド・レビュー(木質バイオマスを活用した地域の再生)
  • 4 緑のデータ・テーブル(2009年の温暖化交渉
  • 2009年森林環境年表)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生物多様性COP10へ : 森林環境
著作者等 森本 幸裕
森林環境研究会
竹内 敬二
書名ヨミ セイブツタヨウセイCOP10ヘ : シンリンカンキョウ : 2010
巻冊次 2010
出版元 朝日新聞出版
森林文化協会
刊行年月 2010.3.30
ページ数 215p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-02-100179-6
NCID BB01340060
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想