念佛三昧寶王論の研究

唐中期仏教思想研究会【編著】

[目次]

  • 解題(飛錫について
  • 『寶王論』について
  • 『寶王論』の諸本について ほか)
  • 資料篇(念佛三昧寶王論卷上并序
  • 念未來佛速成三昧門第一
  • 嬖女群盗皆不可輕門第二 ほか)
  • 研究篇(『念仏三昧宝王論』における仏身論について
  • 唐中期における天台の動静-楚金・飛錫を手掛りとして
  • 唐中期佛教における飛錫の位置 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 念佛三昧寶王論の研究
著作者等 大正大学総合仏教研究所
大正大学綜合佛教研究所唐中期仏教思想研究会
唐中期仏教思想研究会
書名ヨミ ネンブツザンマイホウオウロンノケンキュウ
シリーズ名 大正大学綜合佛教研究所研究叢書
出版元 のんぶる社
刊行年月 2009.9.30
版表示 第1版
ページ数 418p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-903470-41-2
NCID BB01439044
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想