特集 「昭和」の記憶とメディア : マス・コミュニケーション研究  76

日本マス・コミュニケーション学会【編】

[目次]

  • 特集 「昭和」の記憶とメディア(「昭和」の記憶とメディア-特集企画の趣旨
  • 昭和30年代はどう語られたか-"昭和30年代ブーム"についての覚書 ほか)
  • 論文(なぜミュージアムでメディア研究か?-ロジャー・シルバーストーンのミュージアム論とその射程
  • ラジオ自作のメディア史-戦前/戦後期日本におけるメディアと技術をめぐる経験の変容 ほか)
  • 2009年度春季研究発表会シンポジウム(「昭和」の記憶と世論/輿論
  • ジャーナリズム教育の今日的展開の可能性と課題)
  • 2009年度春季研究発表会ワークショップ報告(マンガ研究とマス・コミュニケーション研究-マンガ読者論の考察を手がかりに
  • 取材源の秘匿と知る権利 ほか)
  • 研究会の記録(2009年4月〜2009年8月)(進化するワンセグ/映像アーカイブを用いたメディア研究の方法論と課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 「昭和」の記憶とメディア : マス・コミュニケーション研究
著作者等 日本マス・コミュニケーション学会
日本新聞学会
日本マスコミュニケーション学会
書名ヨミ トクシュウショウワノキオクトメディア : マスコミュニケーションケンキュウ : 76
巻冊次 76
出版元 学文社
日本マス・コミュニケーション学会
日本新聞学会
刊行年月 2010.1.31
ページ数 313p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7620-2023-0
NCID BB08144082
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想