Annual Review循環器  2010

山口 徹;高本 眞一;小室 一成;佐地 勉【編】

[目次]

  • 1 循環器の生物学(心筒形成に必要なスフィンゴシン1‐燐酸シグナルとそのほかの調節機構
  • Wntシグナルと心筋細胞分化
  • 心筋ミオシンのリン酸化・活性化と心機能制御 ほか)
  • 2 疾患の病因と病態(Apelin‐APJシグナルと動脈硬化
  • 動脈硬化リスクファクターとしてのCOPD
  • アンジオテンシンII受容体と個体寿命 ほか)
  • 3 診断と治療-最新の進歩(虚血性心疾患
  • 心不全
  • 不整脈 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Annual Review循環器
著作者等 小室 一成
山口 徹
杉下 靖郎
杉本 恒明
矢崎 義雄
佐地 勉
高本 眞一
書名ヨミ ANNUAL REVIEWジュンカンキ : 2010
巻冊次 2010
出版元 中外医学社
刊行年月 2010.1.25
ページ数 329p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-498-13410-2
NCID BN02772815
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想