NHK放送文化研究所年報  第54集(2010)

NHK放送文化研究所【編】

[目次]

  • 民放ネットワークをめぐる議論の変遷-発足の経緯、地域放送との関係、多メディア化の中での将来
  • デジタル・テクノロジーに支援されたテレビ研究-タイムラインとアーカイブの利用可能性について
  • 世論調査における調査方式の比較研究-個人面接法、配付回収法、郵送法の2008年比較実験調査から
  • メディア融合時代における番組ホームページの価値とは-ネットユーザー調査から探る課題と可能性
  • 高齢者とテレビ
  • 「発表報道」と「調査報道」-「特別調査報道」の定義とその社会的影響をめぐる一考察
  • 乳幼児期のテレビ接触を規定する要因-"子どもに良い放送"プロジェクト・中間総括報告書から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NHK放送文化研究所年報
著作者等 日本放送協会放送文化研究所
日本放送協会総合放送文化研究所
NHK放送文化研究所
書名ヨミ NHKホウソウブンカケンキュウショネンポウ : 2010
巻冊次 第54集(2010)
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2010.1.20
ページ数 334p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-14-007238-7
NCID BN13301435
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想