労働者像のこの10年 : 日本労働社会学会年報 : 市場志向と社会志向の相克のなかで  第20号

日本労働社会学会編集委員会【編】

[目次]

  • 特集 労働者像のこの10年-市場志向と社会志向の相克のなかで(もうひとつの企業社会論-小集団運動とその周辺
  • 年功賃金・終身雇用は終わるのか
  • 日本の労働運動の再活性化の可能性について-再活性化「必然性」論の視角からの考察
  • 労働とジェンダーの再編成)
  • 小特集 市場万能の時代における労働研究の可能性-マイケル・ブラウォイとの対話(エスノグラファーの呪い-市場原理主義の時代の労働研究
  • 参加者との討論
  • 解題:労働社会学者マイケル・ブラウォイの軌跡
  • コメント)
  • 書評(高木朋代著『高年齢者雇用のマネジメント-必要とされ続ける人材の育成と活用』
  • 荻原久美子著『「育児休職」協約の成立-高度経済成長期と家族的責任』
  • 河西宏祐著『路面電車を守った労働組合-私鉄広電支部・小原保行と労働者群像』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働者像のこの10年 : 日本労働社会学会年報 : 市場志向と社会志向の相克のなかで
著作者等 日本労働社会学会編集委員会
書名ヨミ ロウドウシャゾウノコノ10ネン : ニホンロウドウシャカイガッカイネンポウ : シジョウシコウトシャカイシコウノソウコクノナカデ : 20
巻冊次 第20号
出版元 日本労働社会学会
東信堂
刊行年月 2009.12.30
ページ数 172p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-88713-956-5
ISSN 09197990
NCID BB00705787
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想