特集・環境ガバナンス時代の環境社会学 : 環境社会学研究  第15号

環境社会学会編集委員会【編】

[目次]

  • 巻頭エッセイ グローバル化と環境社会学の実践
  • 特集 環境ガバナンス時代の環境社会学(「環境ガバナンスの社会学」の可能性-環境制御システム論と生活環境主義の狭間から考える
  • プロジェクト・マネジメントと環境社会学-環境社会学は組織者になれるか、再論
  • 環境問題と知のガバナンス-経験の無力化と暗黙知の回復
  • 隣の芝生は青いか-環境経済学者がのぞいた環境社会学)
  • 小特集 東アジア環境社会学の到来(東アジア環境社会学の過去、現在、そして未来
  • 中国大陸における環境社会学の最新の成果と動向
  • 韓国環境社会学の研究動向と課題)
  • 論文(廃棄物管理における慣習の逆機能-北インド、ブリンダバンの事例から
  • 地域環境NPOの活動の包括性とジレンマ-滋賀県守山市のNPO法人「びわこ豊穣の郷」を事例として
  • 環境保護意識に対する社区の意義-北京市T区のデータ分析から)
  • 資料調査報告(生態系保全を理念とする法的規制と住民の反応-釧路湿原のウチダザリガニをめぐる環境問題を事例として)
  • 研究動向(持続的ツーリズムの研究動向-英語圏を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集・環境ガバナンス時代の環境社会学 : 環境社会学研究
著作者等 環境社会学会編集委員会
書名ヨミ トクシュウカンキョウガバナンスジダイノカンキョウシャカイガク : カンキョウシャカイガクケンキュウ : 15
巻冊次 第15号
出版元 有斐閣
環境社会学会
刊行年月 2009.10.31
ページ数 157p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-641-29913-9
NCID BB0081327X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想