電脳コイル  10

宮村 優子【著】;磯 光雄【原作】

今より少しだけ未来の202X年。小学生の間では、ウェラブルコンピューター"電脳メガネ"が大流行していた。この"メガネ"をかけると、必殺技を手に入れたり、電脳ペットを飼ったり、子どもたちだけのとびきり刺激的な秘密の遊びをすることができるのだ。ただし、"メガネ"を楽しめる時間には限りがあって…。イサコが遂に"あっちの世界"への扉を開いた!その噂は大黒市の小学生たちにまたたく間に広がった。その上、イサコは"あっちの世界"にアクセスすることには失敗し、消えてしまった入り口は、いまも町のどこかに残っているらしい…。ミチコさんに会いたい!その入り口を必死で探すイサコやハラケン、そして大黒市じゅうの小学生たち。そんなとき、京子とふたりで留守番をすることになったヤサコが、家の廊下で見たものは-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電脳コイル
著作者等 磯 光雄
宮村 優子
書名ヨミ デンノウコイル : 10
シリーズ名 トクマ・ノベルズEdge
巻冊次 10
出版元 徳間書店
刊行年月 2009.12.31
ページ数 285p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-19-850849-4
NCID BA91785373
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想