社会人類学年報  Vol.35(2009)

東京都立大学・首都大学東京社会人類学会【編】;村武 精一;松園 万亀雄【監修】

[目次]

  • 弔辞・大塚和夫さんを悼む
  • 歴史の叙述と社会の記述-社会人類学における歴史的人格の位置づけをめぐって
  • 福祉"社会"と人類学-二〇世紀福祉思想にみるホリズム
  • 性労働者の「人格」再考-東京都市部の性風俗店における参与観察調査に基づいて
  • 人と学問・綾部恒雄-新分野開拓と体系化追求の人生
  • インド洋津波と風評災害-タイ南部プーケットにおける観光客の減少と在住日本人
  • 移住経験から見るサブ・エスニシティの説明方法-パプアニューギニア華人を事例として
  • レバノンにおける「宗教」の実践と「宗派」の語り-ベカー県の事例から
  • 研究動向・中国民俗宗教の表象とその社会的影響をめぐる研究動向
  • 書評・荻野美穂『「家族計画」への道-近代日本の生殖をめぐる政治』
  • 書評・笠原政治『"池間民族"考-ある沖縄の島びとたちが描く文化の自画像をめぐって』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会人類学年報
著作者等 村武 精一
東京都立大学社会人類学会
松園 万亀雄
渡辺 欣雄
東京都立大学・首都大学東京社会人類学会
東京都立大学首都大学東京社会人類学会
書名ヨミ シャカイジンルイガクネンポウ : 2009
巻冊次 Vol.35(2009)
出版元 弘文堂
刊行年月 2009.12.15
ページ数 181p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-335-51065-6
NCID BN00620146
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想